太ももに妊娠線ができる原因と正しい対処法とは?肉割れを防ぐ方法

太ももに妊娠線ができる原因と正しい対処法とは?肉割れを防ぐ方法

太ももに妊娠線ができる原因と正しい対処法とは?肉割れを防ぐ方法

 

「妊娠線はお腹だけにできるもの」と思っていませんか?

実は、妊娠線はお腹だけではなく太ももにもできてしまう可能性があります。

お腹とは違い極端に大きくなっている実感はないのに、どうして太ももにも妊娠線ができてしまうのでしょうか?

そこで今回は「太ももに妊娠線ができてしまう原因と対策方法」についてご紹介します。

太ももに妊娠線ができてしまう原因

妊娠線が太ももにできてしまう原因には妊娠中の体の変化が大きく関わっています。

妊娠中は、お腹がどんどん大きくなりますよね。

その大きくなっていくお腹を支えるために腰回りやお尻に脂肪がつき始めます

するとこの重くなった腰回りやお尻を支えるために”太もも”にも脂肪がつきやすくなります。

  1. お腹が大きくなる
  2. お腹を支えようとして腰回りやお尻に脂肪がつく
  3. お腹を支えている腰回りやお尻を支えようとして、太ももに脂肪がつきやすくなる

通常、脂肪細胞がゆっくり増える(太る)と表皮や真皮層もそれに合わせてゆっくり伸びていきます

ですが、妊娠中のように急激に脂肪細胞が増加してしまうと真皮層が伸びに耐え切れずに裂けてしまい、この真皮層が避けた状態が妊娠線として表れてしまうんです。

妊娠線、肉割れを消すクリーム nocor(ノコア)

太ももに妊娠線が出来にくくする方法

太ももに妊娠線ができてしまう仕組みは分かりましたが、妊娠線が出来にくくする方法や既にできてしまった妊娠線のケアはどうすればいいのでしょうか?

食生活を見直そう

食生活を見直すことで妊娠線の予防や、既に出来てしまった妊娠線のケアを行なえます。

まずコラーゲン繊維の生成に必要なビタミンCやたんぱく質を積極的に摂取しましょう。

また、ビタミンA、ビタミンE、亜鉛を摂取するとターンオーバーを促す効果が期待できるので、妊娠線の予防やケアに重要な役割を果たしてくれます。

肌のターンオーバーは新陳代謝と大きな関係があるので体を冷やさないことも重要です。

体を温める食べ物と冷やす食べ物

地中で育つ食べ物は体を温めて、地上で育つ食べ物は体を冷やすと覚えておきましょう。

例えば、土の中で育つ根菜類である人参・レンコン・ごぼうなどは体を温めてくれます。

根菜類はビタミンC、ビタミンE、鉄などをはじめとするミネラルを多く含まれていますが、根菜類に加えて肉などのたんぱく質も一緒に摂取しましょう。

逆に、地上で育つ野菜のトマト・スイカ・キュウリは体を冷やします

ただしトマトは加熱すると「体を温める」性質に変化させることができるので、トマトスープやパスタなどを積極的に摂取するのもオススメです。

体を温める食べ物と冷やす食べ物飲み物

食べること以外にも、飲み物で体を冷やさないようにしていくことを意識してください。

体を温める飲み物は、

  • ほうじ茶
  • ごぼう茶
  • 生姜紅茶
  • 生姜湯

体を冷やす飲み物は、

  • コーヒー
  • 緑茶
  • 麦茶
  • 牛乳、豆乳
  • ビール

これらが代表的な体を温めたり冷やしてしまう飲み物です。

緑茶やコーヒーは体を冷やしてしまうので、緑茶やコーヒーの代わりにたんぽぽ茶を飲むなどの工夫をしてみましょう。

タンポポ茶は体を冷やしてしまうのでは?と心配される方もいるかもしれませんが、たんぽぽ茶には毛細血管の血液を流れやすくする作用があるので冷え性の改善が期待できます。

有酸素運動を行おう

妊娠中は体重管理をしっかり行う必要があります。

体重が増えすぎてしまうと妊娠中毒や難産になってしまうリスクが高まるので、最近では産婦人科での体重管理も厳しくなってきています。

さらに体重が増えれば増えるほど妊娠線ができてしまう確率も上がっていくので、妊娠中は出産時のリスクや妊娠線のことを考えると適度な運動を行い体重管理をすることはとても大切なんです。

妊娠中の体重増加防止のために効果的な運動はウォーキングなどの有酸素運動ですが、外に出かけるのが億劫だったり雨の日などは室内でできるマタニティヨガもおすすめです。

このマタニティヨガは室内で行なえる有酸素運動なのでウォーキングのように転んでしまう心配も無いので、マタニティヨガは妊婦さんにとってとても嬉しい運動の一つなんですね。

最近ではヨガ講座を行っている産婦人科も多いので一度確認してみてください。

妊娠線が太ももにできてしまった後のケア方法

太ももに妊娠線ができてしまった後は、市販のクリームなどで保湿を行ってもなかなか消えてくれません

そのため、ただ保湿をするだけの市販のクリームではなく、妊娠線のケアに特化した専用のクリームを使う必要があります。

そこで太ももの妊娠線や肉割れ対策にオススメなのがノコア(NOCOR)です。

「ノコア(NOCOR)が妊娠線に効果的な理由」についてはこちらに詳しくまとめたので、併せてご覧になってください。

関連記事:妊娠線や肉割れを消す方法は?産後やダイエット後の肌トラブルをケア

ノコア(NOCOR)は太ももに妊娠線ができてしまう前の予防としても使えるので、妊娠が判明した段階でノコア(NOCOR)を使うのもオススメです。

まとめ

妊娠線が太ももにできてしまう原因と対策方法についてご紹介しました。

妊娠線はお腹だけではなく意外な場所にできてしまうことが多いので、事前に対策を行っていても太ももなどの予期できない場所にできてしまうことがあります。

太ももに妊娠線ができてしまわないように日頃から体重管理をすることも大切ですが、ノコア(NOCOR)のような妊娠線の予防やケアに特化したクリームを使うことでお腹や太ももの妊娠線を行うのも有効な手段です。

妊娠線、肉割れを消すクリーム nocor(ノコア)

妊娠線カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。