妊娠線ができやすい人の特徴と正しいケア方法

妊娠線ができやすい人の特徴と正しいケア方法

妊娠線ができやすい人の特徴と正しいケア方法

 

妊娠線は一度できてしまったらなかなか治らない、という妊娠中の肌トラブルの一つです。

通常「妊娠=妊娠線が絶対できる」と思われるかもしれませんが、実は妊娠中の方でも妊娠線が出来やすい人と出来にくい人が存在します。

ではこれらの違いは何なのでしょうか?

そこで今回は「妊娠線ができやすい人の特徴と正しいケア方法」を詳しくご紹介します。

妊娠線ができやすい人の特徴

妊娠線ができやすい人には、共通したある特徴があります。

  • 乾燥肌の人
  • 冷え性の人
  • 小柄な人
  • 太っている人

この4つが、妊娠線ができやすい人に共通している特徴です。

何故これらの人に妊娠線が出来やすいのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

乾燥肌の人に妊娠線ができやすい理由

乾燥肌になると肌が伸びにくく弾力性が減ってしまうことで妊娠線ができやすくなってしまいます。

「自分は乾燥肌じゃないから当てはまらない」と思っている方も要注意です。

妊娠中の方は女性ホルモン(プロゲステロン)多く分泌されます。

このプロゲストロンが分泌されると肌のバリア機能を低下させてしまうので、妊娠前はそうでなくても妊娠後に敏感肌になったり悪化させるなどのトラブルが起きやすくなります。

また、水分を摂取してもお腹の中の赤ちゃんに優先的に水分や栄養を与えるので、妊娠前と同じ感覚で水分を摂取していると肌に水分や栄養が回らず肌が乾燥しやすくなるんです

そのため、妊娠前に乾燥肌ではなかった人も乾燥肌になる可能性はとても高いので注意をしましょう。

冷え性の人に妊娠線ができやすい理由

冷え性の人は血行が悪くなっているので、体の隅々まで栄養や水分を届けることができなくなってしまいます

  1. 血流の流れが鈍くなる
  2. 代謝が悪くなる
  3. 肌のターンオーバーがうまくできなくなる
  4. 肌の潤いや弾力が失われる
  5. 妊娠線が出来やすく治りにくくなる

このように血液の流れが鈍くなるだけで妊娠線が出来やすく治りにくい状態になってしまうんです。

血液の循環と密接にかかわってくるターンオーバーは皮膚を健康に美しく保つためにとても大切な仕組みです。

しかし肌のターンオーバーは年齢とともに周期が遅くなってくるので、新陳代謝が悪くなると周期が遅くなり肌の水分量も下がって妊娠線ができやすくなってしまいます。

小柄で細身な人・太っている人に妊娠線ができやすい理由

小柄だったり細身の人はもともと皮膚面積が小さいので、急激にお腹が大きくなっていく体の変化に皮膚についていくことができずに妊娠線になりやすくなってしまいます。

小柄で細身だと、

  1. もともと皮膚面積が小さい
  2. 妊娠すると急激に皮膚が引っ張られる
  3. 急激な変化に肌が耐えきれずに断裂する

逆に太っている人は皮下脂肪が大きいことが原因です。

太っていると、

  1. もともと脂肪細胞が多い
  2. 妊娠すると更に脂肪細胞が増加する
  3. 急激な脂肪細胞の増加に皮膚が耐えきれずに、肌表面にひび割れが起きる
  4. 妊娠線が出来てしまう

このように小柄で細身の方や妊娠前から太り気味の方は妊娠線が出来やすい傾向にあります。

妊娠線をできにくくするためにはどうすればいい?

妊娠線をできにくくするためには一体どうすればいいのでしょうか?

妊娠線ができてしまう原因別のケア方法についてご紹介します。

乾燥肌の人向けのケア方法

乾燥肌の人は身体の外側のケアを入念に行い、身体の内側からも水分を補って肌に潤いを与える必要があります。

内側の保湿というのは水分をこまめに補給するだけです。

それだけ?と思うかもしれませんが、妊娠をすると妊娠前に比べて多くの水分を摂る必要があります。

1日の水分は、妊娠前は通常1.5リットル、妊娠後は2リットルを目安に摂りいれましょう。

このたった500gの差が妊娠線の出来やすさを左右してしまいます。

この時に摂取する水分は体が冷えてしまわないように、冷たい水ではなく白湯や常温の水をちょっとずつ飲んでください。

またコーヒーに含まれているカフェインは血行を良くする一方、摂りすぎると体を冷やしてしまうので、飲むのであれは温かいコーヒーにしましょう。

肌の外側からのケアは保湿を行うことである程度ケアできますが、既にできてしまった妊娠線には通常の保湿クリームだけでは不十分です。

ではどうすればいいのかというと、妊娠線ケア専門のクリームがオススメです。

妊娠線、肉割れを消すクリーム nocor(ノコア)

冷え性の人へ向けたケア

筋肉量を増やすと冷えを防ぐことが出来ますが妊娠中は激しい運動が出来ないので、冷え性の人は体を温めて血行を良くしましょう

血行を良くすることで体の隅々まで血液をスムーズに運ぶことができます。

お風呂につかったり手軽な運動を行ったり、入浴の後に全身をマッサージしても血行を良くすることができまし体を冷やさない服装で過ごすことを心がけましょう。

小柄で細身の人・太っている人に向けたケア方法

◆小柄な人のケア方法は、とにかく保湿を行い肌を伸びやすくしてあげましょう

妊娠線の予防には通常の保湿クリームではなく、妊娠線の予防やケアができる専用のクリームを使ってください。

◆太っている人は適度な運動を行なって脂肪細胞を減らすのが効果的です。

妊娠中は胎児のために栄養を身体に溜めようとして、いつもより脂肪が付きやすくなってしまいます。

ですが、妊娠前に太っている場合はもう皮下脂肪を蓄える必要がありませんよね。

そのため安定期に入ったら皮下脂肪を燃焼させるために、ウォーキングなどの有酸素運動を行って脂肪を燃焼させましょう。

ただし安定期に入ったからといって無理は禁物なので、軽くお散歩するくらいの気持ちで運動を行うと続けられますよ。

妊娠線の予防やケアにオススメのクリーム

妊娠線の予防やケアは肌の保湿をメインに行うので市販の安価なクリームでも代用は可能です。

しかし費用を節約しようとして安価な保湿クリームを使って妊娠線ができてしまうとその後の費用の方がかさむ傾向にあるので、妊娠中にノコア(NOCOR)のような妊娠線予防専用のクリームを使いましょう。

関連記事:妊娠線や肉割れを消す方法は?産後やダイエット後の肌トラブルをケア

このノコア(NOCOR)を塗り始めるのは安定期に入った5か月頃がベストです。

妊娠5か月を過ぎるとお腹が大きくなり始めるので、ノコア(NOCOR)を塗り始めるのに最適な時期なんです。

また妊娠線はお腹だけにできるイメージがありますが、実は二の腕やお尻、太ももなどにも妊娠線はできやすいのです。

なので、ノコア(NOCOR)のような妊娠線予防のクリームはお腹だけではなく全身に塗りましょう。

まとめ

妊娠線ができやすい人の特徴やそれに合わせたケア方法について紹介しました。

妊娠線は自分の知らないうちにできてしまっていることが多いので妊娠線ができないうちにケアをする事が基本になりますが、既にできてしまった妊娠線もノコア(NOCOR)のような妊娠線予防のクリームを使うことで簡単にケアをすることが出来てしまいます。

妊娠線が気になる方は妊娠線対策専用のクリームを使って綺麗な肌をキープしてくださいね。

妊娠線、肉割れを消すクリーム nocor(ノコア)

妊娠線カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。